結果を解析し問題点及び改善策を考察します

結果に関するご質問は随時受け付けます

結果の報告: 検体回収後1週間以内

食材;    生理食塩水中に食材と菌を分散させ培地上で菌を培養し判定します。

拭き取り試験;綿棒で調理器具、店舗備品等を拭き取り、綿棒で調理器具、

従業員への衛生講習
店舗の衛生安全性総合チェック
厨房の作業環境、作業動線の検討
食材納入元の選定、衛生チェック

増加しています!

食中毒の発生数が

コンサルテーション
微生物検査

株式会社メイプルバイオラボラトリーズ

医薬品、化粧品、食品の受託研究開発

お店の衛生管理は
大丈夫ですか?

食中毒はお店のイメージダウン
顧客からは多額の賠償金請求
行政からは営業停止処分

微生物検査価格表

店舗備品等を拭き取り、菌を培養し判定します。

現在までにあった他店舗での問題点:

加熱調理が不完全。
入店後の手洗いが行われていない。
トイレに行った後の土足のままでキッチンに入る。
食材を床に直置きする。
冷蔵庫の掃除がなされていない。
排水溝が詰まっていて不潔。
まな板・包丁等の調理器具の洗浄消毒が不完全。
食材の購入先(卸)の衛生状態・従業員教育が悪い。
床に落ちた食材をそのまま袋詰めする
菌汚染のある食材を購入する(検査票は陰性表示)

このような問題があると
食中毒を起こし易く、
いったん中毒事故を起こすと

トップページへ
お問い合わせはここをクリック